スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MH4】発売に備えてオンライン環境の確認をしよう



無料マルチプレイに対応しているMH4ですが、肝心のwi-fi環境がしっかりしていないと色々問題が出てしまいます(’A`)

その無線環境についてリンクも混じえて簡潔に掲載します。
 
 
3DSで無線を使ったネットワークプレイは光回線ではなくとも可能ですが、モンスターハンター4のようなラグ・遅延が発生するとプレイが困難になるアクションゲームでは光回線が前提です(’A`)


よく耳にする、インターネット回線の上がり下り速度ですが、光回線ならばよっぽどのことがない限り問題ないです。

3DS自体のネットワークプレイ推奨通信速度は上がり:512Kbps、下り:1Mbpsなので、3DS/光回線で通信速度を計測した場合、この倍はあるかと思います(’A`)


しかし複数人との同時プレイやモンスターとの殴りつ殴られつを伴うモンスターハンター(現在のオンラインゲーム全般)ではping値が重要になってきます。


ping値とはネットワークの疎通のために確認される応答速度で、自分から発信したレスポンスが相手を通し、さらに自分に返ってくるレスポンスです(’A`)


こちらでping値の測定が出来ます
http://www.musen-lan.com/speed/

上記のアドレスに飛び、左上にあるPINGをクリックで測定できます。


こちらのサイトではネットワーク間で10回のping値が測定されます。
ping値は変わりやすいもの、と考えて平均値を出すことをおすすめします。


pingの値は50ms以下なら優秀、100ms以下ならそこそこ、それ以上ならカクカクと言われています。


モンスターハンター4自体がどの程度の容量やネットワークを要求するのかがわかりませんので上記は確実とは言えませんが、低ければ低い程良いと考えてOKです(’A`)


ちなみに、wi-fi環境は今や携帯端末のテザリングで用意できますが、テザリングは速度やレスポンスが充分でないかもしれません。


wi-fi環境がある方はテザリングでのオンラインマルチプレイは控えた方が良いかもしれません。


他にもping値はPCのプリインされたシステムからも測定が可能です。


自分のOS コマンドプロンプト


で検索してみると詳しくわかります。


ちょっとややこしい話

ping値はサーバーとの距離が遠い程、送られる容量が多いほど、高くなりますので、詳しく調べたい方はコマンドプロンプトを使いましょう。


データサイズが重いものを大阪→東京間など離れた距離で測ると、より実際のプレイに近い状態で調べることができます。




話は変わりますが、今日はニンテンドーダイレクトも控えてますし、東京五輪も決定したし良いことだらけですね(’∀`)


でも発売前のブログネタもつきつつあるんで何よりも体験版来てほしいねー(’A`)


それでは(’A`)
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://mh4wktk.blog.fc2.com/tb.php/15-363e9bbd

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。